カテゴリ:プサン旅日記( 10 )

プサン旅日記 9

長かった釜山の旅もそろそろ終わりです。

って普通なら書き始めるところですが、昨日の午後1時に到着して、
翌日の午後1時半発のビートルでもう帰国です。(笑)

釜山滞在時間約24時間!!
それでも立派な海外旅行です。

出国も簡単!!
ここにも免税店があり、博多港での免税店で2.100円だったマイルドセブンスーパーライトが、
なんと1.300円!!

パッケージのデザインは同じですが、細かな表記はハングル文字が書いてありました。
この値段の差は、為替差益のためなのか、それとも輸出用のタバコは定価が違うのか・・・・?

e0206847_1085049.jpg

プサンは貿易港としてコンテナ扱い量は神戸港などをはるかにしのぎます。

e0206847_1010382.jpg

コンテナ船が数多く停泊しています。

e0206847_1012257.jpg

釜山の街がだんだんと遠のきます。

e0206847_10191928.jpg

海は昨日と違って穏やかでした。これなら船酔いの心配はあまり有りません。

e0206847_1021932.jpg

すれ違うのは関釜フェリーか、それとも対馬いきか?

e0206847_1022362.jpg

釜山へ向かうビートルともすれ違います。

e0206847_1024292.jpg

博多港が見えてきました。
たった一日だけどやはり帰って来た~って感じがわきます。(笑)

e0206847_10261415.jpg

国際ターミナルはWELCOMEだけど、
私は ただいま~!

入国は簡単!! 
しかし通関は厳しいかなと覚悟していました。
釜山でもやられましたから・・・・・・・・。(涙)

カウンターへ自らスーツケースと土産が入った袋を乗せて、パスポートを渡します。
係官がパスポート見たあと、「中は何ですか?」と袋を指します。
「食品です。」中は韓国土産の定番、キムチに韓国海苔ですから。

「どうぞ!!」
はぁ? 係官は荷物に触れもせずそのまま通過です。

ちょっと拍子抜けの松島でした。(笑)

後は、運転手松島で一路益田へ!!

自宅へ到着したのは午後9時半前でした。


たった一泊二日の海外旅行でしたが、正直言えばやはり二泊三日でしょうねぇ。

だけど、ビザもいらない韓国なら、国内旅行の感覚で気軽に行けて、
為替差益を肌で感じて、異国の雰囲気を味わえるのですから、
これも良いのかな?って思いました。

グダグダと取り留めもなく書いてきました旅日記ですが、
これにて終了です。
お付き合いありがとうございました。
[PR]
by matsushimaboss | 2010-11-15 10:47 | プサン旅日記 | Comments(0)

プサン旅日記 8

免税店はロッテホテル内にあります。
超高級ホテルのロッテは、日本でもおなじみのガム、チョコレートのあのロッテと同じです。
創業者が在日の方だそうです。

別に店内を写しても面白くありませんので、
超高級ホテルのトイレを撮ってきました。
e0206847_9132146.jpg

さすがに高級感があふれています。

e0206847_9142148.jpg

便器もこの手洗いも、イタリア製でございました。高そ~・・・・。


あっ、免税店に行く前にチャガル市場へ行きました。

チャガル市場は、魚市場です。

e0206847_9184856.jpg

朝一番のあわただしい時間が終わった後で、これから一般の買い物客でにぎわう前でした。
e0206847_921454.jpg

露店の魚屋さんがズラリと並んでいます。


e0206847_9225130.jpg

建物のなかに入ると、ここも魚屋がズラリと並んでいますが、
各店の横にはテーブルとイス(黄色のプラスチック製)があり、
そこで魚屋で買った魚を料理してもらい、一杯飲むのだそうです。

e0206847_9272792.jpg

釜山の人も魚の刺身は大好きだそうで、
会社の帰りに仲間と刺身を肴に、安く軽く一杯って感じの場所だそうです。
う~ん、松島はプルゴキよりここで一杯やりたかったなあ~。(笑)




さあ、釜山最後の食事となるのは海鮮鍋です。

e0206847_9313388.jpg

ツァーでセットされている食事場所は何処も綺麗で立派です。
面白みはないでしょうが、こういう店だとトラブルは無いですからね。

以前、スズキ㈱の関係で百名単位で一週間海外旅行に行った経験があるのですが、
毎日、夕食だけでなく昼食もデザートまで出る非常に豪華で立派なので、
添乗員に言った事があります。

「夕食は豪華で良いけど、昼食までこんなに豪華にしなくてもよいのでは?
日本で言えば親子丼とか、うどんなんかのレベルでいいよ。」

添乗員の答えは、
「到着時に予定通り遅れる事なく食事が出て、トイレなどの設備もしっかりしていて、
特にツアーで大人数が同時に入って、それに対応できる店となると、
どうしてもこのレベルの食事を出す店でないと無理なんです。」

なるほど、街中のちっちゃな食堂に入って大人数に同時に料理を出せってのも無理かも。
トイレだって一つしかなければ行列だからなぁ・・・・。


e0206847_953133.jpg

いつものセットです。(笑)

e0206847_954487.jpg

グツグツ煮立っておいしそう。やはり鍋はいいっすね!!


さあ、後は帰るだけです。

次回へ
[PR]
by matsushimaboss | 2010-11-14 09:57 | プサン旅日記 | Comments(0)

プサン旅日記 7

さて釜山の一夜が明けて・・・・・。  ってもう今日の昼には出国です。(笑)

朝食はホテルの普通のバイキングでは面白くありませんので、
歩いて数分のところに有る食堂へ、アワビのお粥を食べにいきました。


e0206847_9495784.jpg

街中にある小さい食堂です。
現地の家族連れが朝食を食べていたり、
私たちと同じく日本人の観光客の人も後から入ってきました。

e0206847_1020542.jpg

サイコロ切りしたアワビが4~5個入っていました。
お好みで塩と韓国のりを入れます。

e0206847_10232366.jpg

キムチは定番! 日本でもお粥には梅干しか昆布、それに漬物ですからね。



e0206847_10534961.jpg

朝食後、歩いてホテルへ帰る途中に
交差点にイスを出しておばあちゃんが座っていました。
おばあちゃんは暇で座っているのではありません。




おばあちゃんの仕事は、両替屋
当然非合法です。(笑)
これは釜山へ入国した時にも、闇の両替屋が声をかけてきます。

銀行で両替するより2.000Wほど上乗せしてくれます。

今回は10.000円を銀行で両替すると134.000W
それが闇両替屋だと136.000Wになります。
日本円にするとわずか140円ばかしなんですが・・・・。(笑)



朝食後は龍頭山公園に行きました。
ええっー、日本でも超有名人がいらしゃいました。
そこでお会いしたのは・・・・・・・・。






e0206847_10461746.jpg

チェ・ジウさんでした。(笑)
彼女は釜山出身だそうです。


この後は、韓国ツアーならこれが目的の人も多い免税店でショッピングです。
ロッテホテルの免税店へ行きました。

次回へ
[PR]
by matsushimaboss | 2010-11-13 11:00 | プサン旅日記 | Comments(0)

プサン旅日記 6

釜山市内から車で50分ばかし走り、海辺の町に建つ竜宮寺に行きました。

e0206847_9214137.jpg

正式には海東竜宮寺と言うこの寺は、海を見下ろす絶壁に建っています。

市内から少し離れていることもあり、日本人観光客はあまり訪れないそうです。
この日は日曜日と言うこともあり、地元の方がたくさん観光に来ていました。


e0206847_9273025.jpg

このお寺、一つだけ真剣にお願いするとかなえてくれると言われているそうで、
本堂の中(撮影禁止)では、座ってお辞儀してそして立ち上がる、それを何度も繰り返す
そんな韓国式の拝み方をされる方がたくさんいました。

松島は日本式の正座をし、合掌して深々と頭を垂れて、真剣に一つだけお願いしました。

何をお願いしたかって?

それは・・・・・・・・・。




     な・い・しょ!(笑)


さて釜山市内に戻って訪れたのはカジノ!!

パラダイスホテル内にあるカジノへ行きました。

韓国ではカジノへは外国人しか入れません。バスポートを見せて入場です。
カジノは365日24時間営業で、
アルコールを含め飲み物、軽食まですべて無料です。

それだけ儲かっている、つまり負ける人が多いと言うことですね。(笑)

日本では経験できないカジノですので、一時間と時間を区切ってカジノ体験です。

私は30年前に、ラスベガスでカジノ体験はありますが、
その時は貧乏の若造でしたので、スロットマシンをチョッコッとしただけです。

さあ、ルーレットを体験してみましょう。

チップに変えたのは30.000W
日本円でわずか二千円ちょっとなんですが・・・・・・。(笑)

一時間後・・・・・・・・・・・・・・。
30.000Wは




160.000W

になりました。約5倍!!(笑)

ビギナーズラックって奴ですね。


カジノ体験の後は夕食会場へ

e0206847_1052540.jpg

今夜はこの店でプルゴキ(韓国風焼き肉)です。

e0206847_1081576.jpg

ここでもおかずがセットされています。


e0206847_1025205.jpg

お姉さんが網の上で、骨付きの肉をハサミで適当な大きさに切ってくれます。
e0206847_10295249.jpg

最初から切ってあるのではなく、わざわざ目の前で切るのは何か理由があるのでしょうか?


e0206847_1030581.jpg

葉っぱに、お肉を乗せて、たれが付いた玉ねぎ乗せて、それに味噌をのせて、
クルクル、パクッ!!
日本の肉そのものを味わう焼き肉と違って、肉と他の味のコラボレーションを味わうのが韓国風!!

e0206847_10365461.jpg

ビールも飲んだし、このマッコリも飲みました。

e0206847_10382233.jpg

ジンロ(韓国焼酎)もやっちゃいました。(笑)

さて夕食も終わってから、次は韓国名物「アカスリ」体験です。
これはオプションで別料金です。

アカスリと足つぼマッサージで70.000W 日本円で約5.000円
高いのか安いのかわかりませんが、松島は余裕で申し込み。

だって、カジノで勝ってますから!!(笑)

ここからはデジカメを持っていかなかったので写真はありません。


そこはまるでスポーツセンターのような広い場所で、
まずロッカーで貸し出される短パン半袖のパジャマみたいな奴に着替えます。

まず教室ぐらいの部屋で寝転がって岩盤浴です。
汗がジワッと出てくると、冷たいトウモロコシ茶をくれます。

次はすごい広い浴室で、風呂に少しつかった後、今度はサウナへ。
汗がしっかり出ると、それをシャワーで流し、
寝台に横になっていよいよアカスリです。

寝台に寝ている松島は当然スッポンポン!!
まず仰向け。
松島担当のオッチャンが、湯で絞って暖かいタオルをあそこの上へ・・・・。
目の上にも暖かいタオルが乗せられます。

少し硬い表面がざらざらしたもので、ゴシゴシと皮膚をしごきます。
まあ、これを右向いたり左向いたり、うつ伏せになったりして、
体全体をすりあげる訳です。

そこそこ気持ち良かったのですが・・・・・・・。

足から上に向かってだんだんとすりながら上がってきました。
オマタの所に来ると右足をちょっと曲げて外へ広げられ、
お稲荷さん(あの~、袋の事です。)の付け根から後ろの微妙な場所までスリスリ!!
左足も広げて、そっち側もスリスリ!!

「ほぉ!ほんとに全身するのだなぁ。」と感心していると・・・・・。
そのスリスリがまだ上に上がってきました。

お腹から脇腹をスリスリ、胸まで上がってきてスリスリ。

えっ、えっ、今オマタをスリスリしたそのままあがってきたよ。

そのスリスリしてる奴、いっぺん湯で洗い流すとかしないの?

ちょっ、ちょっ、ちょっと、ひょっとしてこのまま上へ行くの???

と思う間もなく、首から顎をスリスリ!!


自分のオマタをスリスリした奴ですから、いいですけどねぇ・・・・・。(涙)


この後、マッサージしてもらって部屋に帰ると、今朝は早起きだったこともあり
そのまま爆睡してしまいました。


次回へ
[PR]
by matsushimaboss | 2010-11-12 11:18 | プサン旅日記 | Comments(0)

プサン旅日記 5

昼食の後は国際市場へ行ってみました。

国際市場は朝鮮戦争の後自然発生的にできた市場で、
縦横たくさんの通りに1600店以上の店が集まっており、
日本の上野のアメ横をギュッと凝縮して、もっとゴチャゴチャ感があふれている感じです。

今回はわずか一泊二日(滞在時間は一日)の旅ですので、ほんの一部を歩いただけでした。
全部見るとなると丸一日は必要ですし、物色しながら買い物でもしようと思うと一日では無理です。

e0206847_9414234.jpg

日曜日だと言うこともあってか、すごい人出です。

e0206847_9432020.jpg

店頭がとってもカラフルな雑貨屋さん。覗いて見れば面白そうなんですが・・・・。

e0206847_9451915.jpg

衣料品も売っています。
他では五足10.000Wの靴下が、
ここではどういう訳か十五足10.000Wで買えることもあるそうです。(驚)

e0206847_9483058.jpg

荷車で売られていた果物。柿はさわったらつぶれそうな熟柿でした。

e0206847_9502323.jpg

貝などの海産物も売っていました。やはり釜山は港街ですねぇ。

e0206847_9515021.jpg

当然、キムチ屋さんもあります。本当にキムチはたくさんの種類があります。

e0206847_9533091.jpg

食べ物の屋台も出ています。韓国の人は、こうして屋台で食べるのが好きなようです。

e0206847_955734.jpg

韓国風のおでん。右の赤い炒め物は何かなあ・・・・?

e0206847_9564454.jpg

魚の干物を洗面器?(笑)に入れて売っていました。

この写真を撮った後、それを横で見ていたおばあちゃんに怒られました。
私は偶然は別として、写真を撮る時はその雰囲気、景色を撮り、
直接正面から人の写真を撮らないようにしているのですが・・・・・。

e0206847_1025031.jpg

ここは貸衣装屋さんだと思います。このチマチョゴリは結婚式用かな??

この市場でゆっくりと買い物をして、屋台で何か食べて、
なんてすれば、釜山の風情を満喫できたのでしょうが・・・・・・。


さあ次は車で50分走って、あまり日本人観光客が行かない竜宮寺へ観光です。

次回へ。
[PR]
by matsushimaboss | 2010-11-11 10:08 | プサン旅日記 | Comments(0)

プサン旅日記 4

やっと昼食です。

昼食は石焼ビビンバ

e0206847_11114221.jpg

韓国では食事の時には必ずキムチをはじめとして、おかずのセットが並んでいます。
これはおかわり自由!! 真ん中の赤い物は、コチジャンです。

ここでこのキムチにまつわる韓国での話題をお伝えいたします。
あくまでも、ガイドのキムさんから聞いた話の伝聞です。
(これをちゃんと書いておかないと、某国関係の人からクレームがくると困るので・・・。)

キムチは韓国の人にとっては無くてはならない食べ物。
種類も豊富ですが、その中で白菜キムチが今韓国ではピンチ!!

韓国もこの夏から初秋にかけて、日本と同じで酷暑と厳しい残暑だったそうです。
その為、白菜が大不作!!

特に秋には、冬用のキムチを各家庭で漬け込む時期なので、
大げさではなく大問題となっているそうです。

笑い話ではなく、プルゴキ(韓国風焼肉)のお店でキムチのおかわりをたのんだら、
お店のキムチが足りないので、そのかわりにお肉のおかわりをだしたと言う事があったそうです。

この問題に国も乗り出し、中国から白菜を大量輸入したそうです。

しかし・・・・・・・!!


韓国人の人は、中国の白菜には危ない農薬が残っていると、全く買わないそうです。
スーパーの店頭で投売りまで安くても、やはり買わないそうです。

う~ん、以前同じような話が日本でもありましたねぇ・・・・・・。

これで「もう経済大国だ。」と堂々と言われてもねぇ・・・・・・。


話をもどしましょう。
今は白菜もじょじょに出来てきて、今はおかわりOKだそうです。


e0206847_1138043.jpg

韓国に来たなら、当然その国のビールですね。
外国に行っても、日本のビールを求める人がいますが、
帰れば毎日飲めるのに、せめて滞在中ぐらいその国のビールを飲めばと思います。

韓国のビールはアッサリのライト感覚でした。

e0206847_11431953.jpg

さあ石焼ビビンバの登場です。
辛いの大好きな松島はコチジャンたっぷり入れてキムチを食べながら、ハフハフ!!!

e0206847_11573117.jpg

これも韓国名物「チヂミ」も食べてみました。


大変おいしゅうございました。(笑)

さてお腹も落ち着きましたので、次は国際市場へ行ってみましょう。

次回へ。
[PR]
by matsushimaboss | 2010-11-10 11:53 | プサン旅日記 | Comments(0)

プサン旅日記 3

今日はフリーズしませんように・・・・。(祈)




「あなたこちらに来てください。」



エエッ!! な、な、なんでー????
丁寧な言葉と裏腹に、目は決して笑っていない通関の係官に別場所へ連れて行かれました。

その日の私の姿は、ジーパンにボタンダウンのシャツ、その上に紺色のスウイングトップです。
典型的な日本の中年オヤジの休日お出かけスタイルです。

決して、胸元が大きく開いたシャツに金のネックレスがチャラチャラ、
手首にはロレックスの腕時計がキラキラ、足元はエナメルの靴がピカピカ、
な~んて訳は無いのに・・・・・・。(これも古いイメージだなぁ)

私の顔つきだって、小心者が表われたしょぼくれおっさんです。(寂)



カウンターの上でスーツケースを開けるように言われました。
そこへ女性の係官も現れ、二人で韓国語で話しながら私の荷物のチェックです。

一泊二日の旅ですので、荷物なんてほとんどありません。
一日分の着替えと洗面用具だけです。

係官は電気カミソリのカバーも開けてチェック!!
スーツケースの底を抑えて二重底かどうかを見るようです。

いったい何なんだよ!!


当然、違法な物なんて有りませんのですべてチェック後
なぜか「ありがとうございました。」と係官にお礼を言われて解放されました。

う~ん、何を疑われたのか・・・・・・?  謎です。



やっと自動ドアを出て、到着ロビーへ。
そこには数名の現地ガイドさんが、団体名の書かれた紙を持って立っています。

すぐに、私たちのガイドさん、キムさんを見つけました。
今回、添乗員役でくる予定だったメンバーN君がキャンセルになったことを伝え、
飲み物などの支払いは、私にすべて言うようにと打ち合わせをしました。

さあ、今からは現地ガイドさんについて行くだけと安心したのですが、
そういう訳にはいかない事が後でわかるのですが・・・・・。

今回の移動は15人乗りのマイクロバスで、それに7人のメンバーですのでこれはゆったり。

もう一時を過ぎていますので昼食会場に直行です。

e0206847_9574938.jpg

釜山市内は混んでいます。車は比較的に新しくてキレイな物が多いようです。


e0206847_1081731.jpg

ハングル文字がいっぱいで、韓国にきたんだ~!!と実感します。

昼食は石焼ビビンバです。
e0206847_1013183.jpg

ビルの4階の「牛田」が昼食会場です。

この店に来るのに、路上でバスを降り、わずか数十mですが歩いてビルに入ります。
ここで添乗員の役目がわかりました。

メンバーの方はほとんど60歳以上で70歳の方もいらっしゃいます。
バスが停車して、当然ガイドさんは先頭を歩いて案内します。
メンバーの方が座席を立ち、バスを降りて全員がついて行くのですが、
修学旅行のように整列して連なって歩くわけではありません。
立ち止まって風景を見たり、また話をしながらめいめい歩きます。

数十m歩くだけでも、一番後ろを歩く方とは差ができます。

そうすると曲がり角とか、ビルに入る時はそこでやはり後ろを確認する必要があるのです。
誰かが皆さんとはぐれてしまう事は避けなくては・・・・。

ガイドは先頭で皆さんを誘導し、添乗員は後ろでチェックする。
そんな役割分担があるんだと理解しました。


それから松島はなるべく後ろを歩くか、常に最後尾の人をチェックしておりました。
はぁ~、やっぱり添乗員だよ・・・・。

昨日はこれからまだまだ続き、写真もアップしたのですが、
容量が大きすぎてフリーズしたのではと言われましたので、
本日はこれまで!!(笑)

細切れの旅日記となりそうです・・・・・。
[PR]
by matsushimaboss | 2010-11-09 10:37 | プサン旅日記 | Comments(0)

プサン旅行記 3 になるはずだった。

今朝、取りあえずの仕事を急ぎ済ませ、

pcの前に座り込み、ブログを開ける

旅日記の休みを取り戻すべき集中してキーボードを叩く

写真も選びながら10枚以上アップする

来訪者があり対応する

済み次第またpcの前に戻り書き込みを続ける

昼前になりかなり長編となった本日の旅日記を書き上げる

よし!!



確認の為プレビューしてみる

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・





pc フリーズする


強制終了



今までの原稿  















飛ぶ




・・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・

挫折




すみません、明日また書き直します。(涙)
[PR]
by matsushimaboss | 2010-11-08 13:18 | プサン旅日記 | Comments(0)

プサン旅日記 2

10月31日 曇り

いよいよプサン旅行へ出発です。メンバーは7人。

あっ、前日には添乗員松島はレンタカー会社までレンタカーを取りに行っています。
何せ、出発は早朝4時半です。
また必然的に運転手は松島です。(涙)

前日にはメンバーの一人から私に、集合場所ではなく途中で乗り込む連絡もありました。
皆さんにはもう完全に添乗員松島です。

一路、博多港へ向かいます。
e0206847_101543.jpg

今回使用した11人乗りのレンタカーです。

途中休憩を入れて、8時過ぎに博多港国際ターミナルへ到着です。
e0206847_1055548.jpg


さてここから添乗員松島の仕事が始まります。
皆さんからパスポートを預かり、高速船ビートルのカウンターでチェックインです。

乗船券と入国カード、税関申告書をもらい、
メンバーの皆さんにお渡しして、次に入国カード及び税関申告書の書き方の説明です。

イミグレーションゲートが開くまでまだ30分ありましたので、
皆さんに記入してもらい、一人ひとりそれをチェックして、不備の部分を指摘して
また記入してもらいます。

e0206847_10125024.jpg

さあ出国です。

どこの国でも出国はスムースです。
でもたとえわずか国内感覚の3時間で着くお隣韓国でも、
この出国する時は、「外国へ行くんだ!!」とちょっとテンションが上がります。

e0206847_10191085.jpg

さあここはもう国内ではありません。
たばこ税も酒税も消費税もかかりません。

私はたばこは吸いませんが、参考に価格を見てみると
マイルドセブンスーパーライトが1カートン2.100円でした。
たばこ税が上がったばかりですので、随分と安く感じますね。

e0206847_1022303.jpg

これが高速船ビートルです。
タービンエンジンで前から海水を取り入れ、それを後ろに噴射して進みます。
船底に羽がついており、速度が上がると船底が海面から2m上昇します。
巡航速度時速50㎞で、10時博多港出発で12時55分に釜山港へ到着です。

e0206847_10281324.jpg

船内ですが、飛行機よりはゆったりとしています。
フェリーなどと違い速度が速く危険なので、航行中は一切外には出られません。

この日は福岡は雨がぱらぱらと降る天気で、風も少しありました。
博多港を出て一時間過ぎたころからうねりがだんだんとひどくなってきました。
対馬を通り過ぎるぐらいになると、うねりが激しく波頭が白波となっています。

しかしそのうねりからすると、船はかなり安定しています。
もし普通の船でしたら、それはゲロッパ確実!! (笑)

船自体はそんなに揺れは激しくないものの、船内をトイレにでも行くときには、
時々グラッと来ますので、何かつかまりながらでないと歩けません。

窓の外のうねりを見ていたら、気持ち悪くなって来たのであわてて目をつむりました。


そんな中、メンバーのおひとりOさんは、免税店でウィスキー「山崎」を購入。
ミネラルウォーターに紙コップ、おつまみまで用意して、
準備万端にて乗り込んでいまして、皆さんでプチ宴会。

船酔いする前にウィスキーに酔っていました。(笑)

さあいよいよ釜山港へ到着です。
e0206847_1193090.jpg


さて次は入国。
添乗員松島は、皆さんにお断りを言って一人早めにイミグレーションに向かいます。
入国後、早く現地ガイドさんを見つけて合流するためです。

入国も簡単、バスポートチェックだけで質問もありませんでした。

飛行機と違うのは、釜山へ到着して入国後にボディチェックがあり、
その後通関する時に、荷物のレントゲンチェックをします。

ボディチェックもすんなりOK、出てくる荷物を待ちます。

私の小さ目のスーツケースが出てきました、私がそれを取ろうとすると・・・・・。

係官がスッと私のスーツケースを手で押さえたのです。


「あなた、こちらに来てください。」


さあこれからの話は次回へ。(笑)
[PR]
by matsushimaboss | 2010-11-05 11:24 | プサン旅日記 | Comments(0)

プサン旅日記 1

10月31日から11月1日のわずか一泊二日でしたが、
韓国の釜山市に旅行に行ってきました。

その旅を取り留めもなく、思い出すまま数日に分けて書いていきますので、
お暇な方はどうぞお立ち寄りください。



さて、そもそもなぜ釜山旅行になったのか、からの説明です。

私はある会に入っています。
別にあぶない会ではありません。(笑)

市内のいろいろな業種の社長の集まりで、
一か月に一回集まり食事をしながら世間話をするだけのゆる~い会です。

しかし、益田市でもそこそこの規模の会社の経営者ですし、
なかには県外展開をしている会社の社長も入っていて、
異業種でもあり、お互いに情報交換にもなります。

また私からすればほとんどの方が10歳以上の大先輩ですので、
話を聞いているだけで勉強にもなります。

私はその会の会計をしているのですが
その会では会費がある程度溜まると、皆さんで旅行をしています。

今回も旅行をしようと言う話が持ち上がり、
メンバーの一人で数少ない私より年下の、旅行会社社長のN君の提案で、
釜山観光ならば博多港から高速船を使えば、日程も金額も国内旅行並みで済むとのことです。

彼も何度も会社で釜山ツアーを組んでいるそうです。

せっかくならば二泊三日でとの意見もありましたが、
皆さん現役で忙しいので一泊二日で釜山旅行が決定しました。

私もこれは楽な旅ができると思いました。

なぜなら
博多港まではレンタカーを使うのですが、当然運転は後輩のN君。

博多港に着いてからは、高速船のチェックインや出国カードの書き込み、
税関申請書の書き込みなどの皆さんのチェック、また現地では飲み物などの支払いや、
現地ガイドさんとの打ち合わせなども、すべて仕事で何度も釜山観光の添乗をしている
N君に全部まかせれば良いわけです。

N君は会のメンバーですが、添乗員が付くのと同じです。

「さあ、今回はのんきに釜山旅行を満喫しますか。」と楽しみにしていたら・・・・・。


釜山旅行が決定した数日後N君から電話がありました。

「松島さん、今度の釜山旅行だけど、その日に他の仕事の添乗が入ったので行けなくなりました。
高速船の手続きは飛行機なんかより簡単ですから、お世話よろしくお願いします。」






はぁ~あ!!

その後、出発前のいつもの月一回の集まりで、N君から最後の旅の説明を受けた後、
N君が他の添乗が入り釜山旅行に行けなくなったと皆さんに告げると、
皆さん私を見て笑いながら、

「松島添乗員さんよろしくお願いしますね。」

はぁ~、一所懸命務めさせていただきます・・・・・・。(涙)


さて次回はいよいよ釜山へ出発です。
[PR]
by matsushimaboss | 2010-11-04 10:15 | プサン旅日記 | Comments(2)


画像一枚でつぶやきます。毎日更新が社員からの命令です。いきなり挫折の予感(笑)


by matsushimaboss

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
益田サイクルウィーク2012
熱帯旅日記
プサン旅日記
台湾旅行記

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月

フォロー中のブログ

最新のコメント

そこまで強くは言えません..
by matsushimaboss at 08:57
親がケアしろ! ほんとそ..
by SI at 19:33
知人からあなた様の「自転..
by f30-tora,根岸 at 12:58
> 回収車に載せてもらっ..
by matsushimaboss at 13:28
パレードランの途中でリア..
by 回収車に載せてもらった者です at 09:54
ゲームでも一番人気は劉備..
by matsushimaboss at 09:33
三国志 ウチの息子もゲ..
by 岳父 at 21:00
そのスピードでロングが出..
by matsushimaboss at 08:44
>1分かけて泳ぎましょう..
by むの at 00:06
お久しぶりです。 ..
by matsushimaboss at 09:34

検索

ブログパーツ

最新の記事

SV650インプレッション(..
at 2017-04-24 11:11
臨時休業でしたが・・・・、
at 2017-04-22 10:16
地味に・・・・、
at 2017-04-21 14:20
昨日はやっちゃいましたよ!!..
at 2017-04-20 12:03
今のシーズンは・・・・、
at 2017-04-18 09:56

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧